第3管理組合水廻りのポイント

会社インフォメーション()2017-2)













第3管理組合(634)の水廻りリフォーム

お奨めのキッチンリフォーム・・・

634キッチン換気

634棟で難しいのはキッチンリフォームです。

 

なぜ難しいかというと、排気口の位置が低い事と
キッチンの前上部にある梁が有ると言うことです。

 

上記の条件から考えてもともと既存のレイアウトには
少し無理があると思います。

 

アリキリでは下の写真の様にキッチンセットの向きを
90度変えるプランをお奨めしています。

634キッチン換気

 

このプランはレンジフードを奥に持って行くことで換気ダクトの取り回しが上手く出来ています。
是非皆様にもお奨めして行きたいと考えています。

 

当然ですが、小型湯沸かし器は撤去ですので
フロ給湯器からの給湯配管が必要になります。

 

下の写真で全体の感じが分かるかと思いますが、
キッチンセットの反対側には電子レンジなど家電品を
載せるカウンターとカップボードを設置しています。

634全景

 

トイレの段差解消・・・

634トイレ

現況はトイレの床が洗面より5p程上がっていますが
排便管を直し洗面所と同じ床高に出来ます。

 

床を取り壊すなど工事としてはちょっと大掛かりに
なりますので、水廻りの3点リフォームなどまとまった
工事を行う場合にご検討下さい。

 

洗面台の位置変更・・・

634洗面

オリジナルでは洗面入口部分に洗面器が
設置されています。

 

リフォームの際には位置を変更する事が出来ます。
収納棚を解体し、洗面台を置くとすっきり納まります。

 

但し、この工事も裏の押入れ部分に影響がでるので
少し規模的に大きくなってしまいます。

 

 

 

ポイントのまとめ・・・

アリキリ社長

上記のように634ではキッチンをはじめ水廻りを
上手くまとめる事は大変難しいように感じています。

 

アイデアもあるでしょうし、アイデアを支える
技術的な裏付けも必要です。

 

又、規模的な面でも、関連部分を総合的にリフォームすると
解決出来ると事が多くあると感じています。

 

 

アリキリ社長 常田 豊

但し、こちらは床面積的にゆとりがある事が大きなメリットです。
大規模リフォームではまだまだ色々な可能性がありそうです。

 

 

 

社長が云うのも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
野庭のリフォーム 4DKフルリフォーム 3DKフルリフォーム フルリフォーム 浴室 洗面 トイレ キッチン 水廻3点リフォーム カビ結露